2000.01.31 ◆ 久我の暴走、在素の涙


仙波継人が開発研究室から総務部秘書課へ
異動となってから、数週間が過ぎた。

継人の社長秘書も、だいぶ様になって来ていた。
最初は、オフィス内の誰もが違和感を感じていたものだが。
社長の過密なスケジュールをさらりとまとめ、
社長のワガママな申しつけにも黙って応対するなど、
開発研究室所属時代に身につけた仕事の手際の良さには
ベテラン社員をも感心させるほどであった。

午後6時。
珍しくほとんどの社員が定時で帰った中、
逆にいつも定時で帰ることの多い継人と、社長が
社長室で仕事の後かたづけをしている。
「仙波くん、この書類、在素ちゃんに渡してきてくれる?」
「は?そのくらい自分でやれよ。一つ下の階じゃねーか」
態度のでかさと口の悪さは相変わらずである。
「いいから行ってきてってば!
私はこれからエビチリポテト買いに行くんだもんね!じゃぁね~♪」

社長は今ファーストキッ●ンに凝っている(笑)
嬉しそうにオフィスを後にする社長。
病み上がりにしつこいもの食べて平気なのか?(爆)
「…ったく…」

開発研究室。
継人は、総務部秘書課に異動になってから、
研究室へは必要以上に足を踏み入れていない。
行けば、行く度に久我恭一郎に付きまとわれるからだ。

だが、ここ数日、恭一郎は行動がおかしくなってきている。
おかしいのは常々そうなのだが…
開発研究室の別館に籠もったまま、出てこないのである。
トイレのために部屋を出る以外は、全くと言っていいほど。
何をしているのかさえ、誰にも絶対に教えない。
そして、別館への研究室員以外の入室を頑なに断っている。
研究室員以外で唯一仲のいい沢井英司ですら
入室を許されなかったようだ。
(…ま、何やってよーとオレにはもうカンケーねぇけどな)
いろいろと考えを巡らせているうちに、研究室の扉の前にたどり着く。

…ガチャ

「…誰もいねぇのか?」
研究室内は、実験台の上の電気が皓々と照らされているだけで、
人の気配が全くない。
おそらく、全員が別館で恭一郎の手伝いをしているのだろう。
「…まぁいいか。ここに置いときゃ誰か拾うだろ」
そう呟き、継人は社長に渡された書類を、実験台の上に置く。

(……はぁ……っ)

「…!?」
誰もいないと思われた研究室の奥から、
かすかだが人の気配が感じられた。
薄暗い部屋の奥にある薬棚の前で、
小さな影が、息絶え絶えに横たわっていた。

「……在素!!」

「インフルエンザですね」

そう言って、継人が呼んだ医師は
聴診器と注射器、体温計をカバンの中に収める。
「…インフルエンザ…か…」
在素は苦しそうに、宿直室にあるベッドに横たわっている。
「熱は…39度5分…
それと、少しですが疲労が見られますね。
何か…無理な運動か何かをさせたんですか?」

普通、子供なら体力が有り余っているのだから、
疲労で倒れるなんてなかなかあり得ない、と、医師は首を傾げる。
在素がこの研究室で何をしていたのかまでは
知らない継人は、黙って首を振る。
医師は、継人に数日分の薬を手渡すと、
大事にするようにと言い残し、会社を去っていった。

継人は、在素が先ほどまで
手がけていたと思われる書類に目を通す。
恭一郎を始めとする研究員達が、
普段こなしている仕事ばかりである。
つまり、常々の業務をほったらかして、
今、恭一郎が没頭している『何か』の作業に、
皆手が行ってしまっているのだ。
だがそれでは、会社の一部門としての、
「開発研究室」としての役割が成り立たない。
その穴埋めを、在素がしていたのだ。
医師の言っていた「疲労」とはそのためだったのだ。
「…あの男…娘が熱出したのにも気付かねぇのかよ!!!」
次第に、沸々と怒りがこみ上げてきた継人は、
研究室別館へと足を向けようとした。

「……継人さん……」

宿直室を出ようとした継人の背後から、か細い声。
「…在素!? 大丈夫か?」
継人の問いに、在素は答えない。
おそらく『うわごと』だろう。
苦しむ在素の瞳から、涙の雫がこぼれ落ちる。

「……継人さん……お願い……
………………お…父さんを…止めて………」


(一体……何やらかそうってんだ!? あのヘンタイ野郎!!)

継人は、在素のやりかけた仕事の書類を研究室に置いた後、
研究室別館へと向かおうとした。
だが研究室で、偶然にも上総と居合わせた。
「ああ、仙波くんじゃないですか。ここで会うのは久しぶりですね」
いつもと変わらない、穏やかな口調の上総。
だがそんなことはお構いなしに、継人は上総に詰め寄った。
「テメェ、今まで別館にいたんだろ!?」
「ええ、これからまた戻るところですが」
「ヤツは…久我は、何をしようとしてるんだ!?」
継人は、元々は恭一郎を問いただすつもりであった。
だが、よく考えてみれば、元凶である恭一郎が
そう簡単に口を割るとも思えない。
そう思った継人は、上総を問いつめることにしたのである。
「…それは、教えられませんね。これは研究室内の極秘ですから。
久我博士にもそう固く言いつけられていま……………っ!?」

案の定、上総も簡単には口を割らない。
それも予想がついていた継人は、実験台の上にあった
細目の試験管2本を、有無を言わさずに上総の鼻に奥深く差し込んだ。
「言わねぇなら、テメェの鼻の穴ん中でコレ割るぞ?」
間を持たせない継人の脅迫に、上総は一気に青ざめる。
逃げようにも、下手に動けば自殺行為に成りかねない。
それに、腕力では圧倒的に継人の方が上である。
勝ち目など無いに等しい。
「わっ…わかりましたっっ!!!言いますっ、言いますから!!!
久我博士は、この会社を支配するために『あるモノ』を造っているんです!!!
それがなんなのかまでは、僕を含む研究室員は、誰も知りませんっっ!!!」

試験管を鼻に挿されたまま、上総はあたふたと話し始める。
「…他の研究室員は、それを知っててヤツに荷担してるのか?」
「いえ!僕以外の研究室員は、みんな久我博士に操られて、
寝ずに作業をさせられてますっ!!」

「…そこまでわかれば上等だ」
とりあえず、知りたい情報を得た継人は、試験管から手を離す。
「テメェは別館に戻るな。宿直室にいる在素の面倒を見てろ!」
そう上総に指差すと、継人は別館に向かい、走り出した。

「……仙波くん……怖い……」

鼻に試験管を挿したまま、上総はよろよろと床に尻を着いた。

久我恭一郎の暴走を止めるために。
そして、在素の涙に応えるために。
継人は、久我恭一郎の待つ開発研究室別館へと、走り続けた。

(続く)
2000.01.24 ◆ 社長秘書仙波継人、始動


「似合うよー継人!! ブレザー姿!!」

そう言って継人の隣で嬉しそうに言うのは、橘。
継人は、研究室へと配属されて以来、制服はワイシャツの上に
白衣着用だったため、ブレザーを着るのは実に久しぶりである。

先日、久我恭一郎に脅迫された社長は、
恭一郎に無理な条件を飲まされたその仕返しに、
恭一郎の溺愛する部下、仙波継人を突然、開発研究室から
総務部秘書課へ異動させてしまうという暴挙に出たのだ。
社長曰く「人件費削減のため」とのことだが
はっきりいってただの恭一郎へのイヤガラセである。

イヤガラセ一つのために、人一人を何の予告も報酬も無しに
異動させられるという、人権を全く無視したこの人事異動。
怒りが専売特許の継人だが、
この件に関してはまるで怒ってなどいなかった。
むしろ大喜びである。

「…これで…これで久我さんのあの実験地獄から
逃れられるんだねぇ………良かった…良かったよ…
僕…継人がいつ久我さんに殺されるかと…いつも心配で…」

橘は思い切り嬉し泣きしている。
毎度毎度、恭一郎の作った得体の知れない薬の実験台に
される継人のことを、本当に本気で心配していたのだ。
「な、泣くなよ、んなことで…」

継人は今日から研究室員から社長秘書となる。
自分の直属の上司が久我恭一郎から社長へと替わるのだ。
(社長もはっきり言って得体の知れねーヤツだが…
ヤツ(久我)よりはマシだろう…
ま、一つ今日からそれなりに働かせてもらうぜ。)







「社長!!!!」
「い――――やだよぉぉ~~~ん♪」

社長室から男女のけたたましい争い声が。
社長と久我恭一郎である。
「もう…この通りですよ…顕微鏡と予算アップは諦めますからぁ~」
恭一郎はすっかり腰が低くなってしまっている。
よほど継人を返して貰いたいのだろう。
「ダ~~メ~~。顕微鏡はもう注文しちゃったし、
予算アップもこの間会議で可決されちゃったしね~~はっはっは」

「……ぐむむむむぅぅぅ~~……」
実に悔しそうに、下唇を咬む、恭一郎。
そんな恭一郎の表情を見て、社長は
「あら~久我さん♪ そんな顔もカッコイイわよ~♪」
様々な形相をする恭一郎をとことんコケにしている。
悪魔である。

「シツレイシマース!シャチョー!センバサン連れてキマシタ!!」
「…失礼」

元気良く社長室に飛び込んできたのは、
社長秘書のクリスティーン・フォックス、
そして新・社長秘書の継人である。
「あー御苦労様、クリスちゃん。
仙波くんは今日から私の秘書なんだよね♪
たいした仕事はないからさ、まぁ気楽にね!
クリスちゃん、先輩なんだからいろいろ教えてあげてね~」

「ハイ!センパイデスもんネ!ガンバリマース!!!」
社長は、恭一郎のことは完璧無視である。
「仙波くんっっっっっ!!!!!!」
業を煮やした恭一郎が、継人の両肩をガシッッッ!!と掴み、詰め寄る。
「君は…君はっ!! 研究室に戻る気は全く無いのかねっ!?」
「無いね。」
「そそそ…そんなブレザーなんて着て!!
社長宛の電話を取ったり、スケジュール管理したり、
社長の趣味の電化製品屋のハシゴに、コンビニ弁当の食べ比べに、
おいしいラーメン屋探しに付き合うって言うのかいっ!?」

「変な薬で死にかけるよりはマシだな。」
何を言っても継人は研究室に戻る気などカケラも無い様子だ。


「あ、クリスちゃんと仙波くんはとりあえず
会議室でお仕事の打ち合わせでもしてて。」

突然、秘書二人を下がらせる社長。
二人が社長室から出ていくのを見届けると、
社長が勝ち誇った笑みを浮かべ、たった今出ていった
継人の方を指差す。

「…じゃあ、仙波くん本人の口から
『開発研究室に戻る』って言わせたら、戻してあげるよ」


ガックリと項垂れていた恭一郎が、
ハッ!と頭を上げる。
「本当かいっ!?」
「ただし!薬や機械で操ったりしちゃダメ!!
『開発研究室に戻りたい』って書いてある紙を読ませたりとかじゃ
ダメだからね!仙波くんの意志で言わせるの!!」


「……え……そ、そんな………!!!」



(続く)
2000.01.17 ◆ 社長を困らせろ!


「それにしても…いきなり会社が引っ越しなんて…驚いたわ」

正月早々、ねぎ秘密結社は、借りていた貸しビルの
管理人に立ち退きを言い渡され、突然の引っ越しとなってしまったのだ。
幸い、新たな引っ越し先が早くも見つかり、連休を利用して
旧ビルから新たなビルへ引っ越し作業を行っているのだ。
当然、社員全員休日出勤である。

引っ越しの荷物を整頓しながら、
久我在素は、疲れから軽くため息を付く。
「でも…よくもまぁこんなにも早く新しい引っ越し先が
見つかったものよね…運がいいわね、社長も」

「……フフ……本当にそう思うかね…?在素……」
在素の独り言を聞いた恭一郎が、突然不気味な笑みを浮かべる。
「な、何よ。普通、こんなに早く空きビルなんて見つからないのよ。
運がいいって以外に何があるってのよ?」

「……フフフフフ……それではもし、このビルが、
運が良かったわけでも無く、偶然でもなく
最初からあらかじめ用意されていたものだとしたら…?」

「は?」
「これを見たまえ」
そう言って、恭一郎は誇らしげに少し黄ばんだ冊子を取り出す。
「…………! これ…このビルの権利書!?」
黙って頷き、微笑む恭一郎。
「このビルの所有者はこの私なのだよ」
在素は、驚きを隠せないまま、権利書を軽くパラパラと眺める。
「…け、けど…これがどうしたっていうのよ?
別に、たまたまお父さんが持っていたビルを会社のために
貸してあげたってだけでしょ?会社が路頭に迷わないように…」

「フフフフフ…私がそんなボランティアをする善人に見えるかね…?
考えてもみなさい。このビルの管理者である私が、社長に
『立ち退きたまえ』と言えば、この会社の行き先は
本当になくなってしまうのだ…それが何を意味するかわかるかね?」

在素は、ごくり、と唾を飲む。
「…つ、つまり…お父さんは社長より高い身分を手に入れたってこと…?」
「その通り……
……フフフフ……この権利を使って何をしようか…フフフフ…」

恭一郎は、この会社の最高権利を得た喜びに酔いしれた。
「でも…あの社長をどうにかしようなんて…無理なんじゃないの?」
「…とりあえず…研究室に新しい高性能電子顕微鏡(数百万)でも
買って貰おうかねぇ……それと、研究室の予算アップ……フフフフフ……」

「もっ、もしかして社長をゆする気!?」
恭一郎は在素の言葉を聞いていない。
不敵な笑いをしつつ、恭一郎は権利書を手に、
社長室へと向かっていった。

「……後で痛い目に遭わなきゃいいけど……」

そして、社長室。
社長室を訪れた恭一郎は、早速社長との交渉に入っていた。
「すぐ空きビルは見つかるし、しかも怪しいくらい安かったから、
妙に出来過ぎた話だと思ったら…久我さんのビルだったのか~」

恭一郎からの依頼(=脅迫)は終わっていた。
それを聞いた社長は、特に焦りも驚きもせず、
のんきに好物のたこ焼きを食べている。
先日、できたてのたこ焼きで口内を
大やけどしたばかりなのに、懲りていない。
「さて…社長。返事の方はいかが致しますか…?フフフフ…」
社長への恭一郎の依頼(=脅迫)は、新しい電子顕微鏡の購入と、
研究室の予算アップ。その条件を飲まなければ、
会社ごとこのビルから追い出されてしまうのだ。
「しょーないなぁ。別にいいよ。顕微鏡と予算アップね」
社長はあっさりOKする。
手早く、内線電話で購買部に顕微鏡を発注依頼をし、
経理部に研究室の予算アップの検討を依頼する。
「これでいいんでしょ?」
「は、はぁ…」
少しは慌てるかと思えば、全く動じず要求を飲んだ社長に、
恭一郎は少なからず残念に思った。
要求を飲んでくれたのだからこれに越したことはないが、
いつもマイペースを保つ社長の困った顔も、少しだけ見てみたかったのだ。
「ま…多少無理があるお願いですけどねぇ…
でもま、そこはそれ。私がなんとかやりくりしますわ。」

そう言って、社長はため息をつき、笑みを浮かべる。
少しは困っているのか?
そう感じ取った恭一郎は、してやったりという表情をする。
「…フフフフ…それでは社長。大変とは思いますが…
これからもよろしくお願いいたしますよ……フフフフ」

『これからも』
それは恭一郎がこのビルの所有者である、という念押しでもあった。
そんな恭一郎の勝利宣言を気にも留めずに、
社長が会話と全く関係ないことを、問う。
「そういえば、仙波くん、今日会社に来てないようだけど、休みだっけ?」
「…ええ、仙波くんは今日から3日間有給休暇だね……。
家族と伊豆に旅行に行くとか…」

なんだ、そんなことかと言わんばかりに恭一郎が言葉を返す。
「そっか……ま、いいや。話は終わったでしょ。
じゃ、私はちょっと仕事あるから」

社長がそう言うと、恭一郎は満足そうに社長室を去っていった。

社長は、恭一郎が社長室から離れたのを確認すると、
続けて内線電話をプッシュした。

「…もしもし、瀬上さん?」

次の日。

「それにしても…ホントに社長をゆするなんて…いいの?」
在素が不安そうに恭一郎に問う。
「ゆするなんて人聞きの悪い…これはビジネスだよ、ビジネス…フフ…」
「どこがビジネスよ!…でもまあ、何も起こってないようだし、
良しとするべきかしらね…」

研究室内で朝食を終え、久我親子が食堂へと足を運ぶ。
「…あら?何かしら」
食堂に掲げられている掲示板の前に、何やら人だかりが出来ている。

「こんな超中途半端な時期に人事異動かよ。」
「でもいいんじゃない?彼ずっと異動したがってたし」
「おめでとうっていうべきかもね~あははは」

(…誰がどこに異動になったんだ…?)
人だかりをかき分け、恭一郎は掲示板に貼られた
A4サイズの貼り紙を見る。

” 開発研究室  仙波 継人 殿

   右の者、平成12年1月18日付にて、

   ねぎ秘密結社本社・総務部秘書課勤務を命ずる ”

「社長っっっ!!!!なんなんだねっあれは!!??」

掲示板を見た恭一郎が、血相を変えて社長室に怒鳴り込んでくる。
「あら~久我さん!オハヨ。」
のんきに挨拶する社長の言葉を遮り、恭一郎が続けて怒鳴る。
「なっ…なんで私に断りもなく仙波くんが総務部なんかへ!?」
「別に、妥当な人事異動でしょ。
仙波くんは前々から研究室辞めたがってたし。それに、
研究室より総務部の方が人件費が安く済むのよ。残業少ないから。」

恭一郎にとっておそらく、最高の部下であり最愛(笑)の部下、
そして最適の実験台である仙波継人が、自らの手から離れてしまう、
そんな事態に陥り、顔を真っ青にする恭一郎を気にも留めずに
社長があっさり言う。
「そんな横暴なっっっ!」
「横暴?何がよ。このビルの一番エライ人は久我さんだけど、
この組織の一番エライ人は私なのよ~~?
この組織の人事をどうしようと、私の勝手だもんね~」

まるで子供のケンカである。
昨日の勝ち誇った笑みとはうって変わって、
やられた……!!という顔をする、恭一郎。

「まぁ、高ぁい顕微鏡を買うためと、予算アップのためだもんねぇ?
大丈夫、仙波くんは私の社長秘書として大事に大事にするからねv


(続く)
2000.01.06 ◆ コトシの目標


クリス:セガミサン!! きーてクダサイ!!

奈津恵:何ですか、クリスさん…新年早々。

クリス:ワタシのコトシのモクヒョーデス!!
     ワタシのモクヒョーは「ハッポー美人」デス!!!

奈津恵:(八方美人!? それは美人って言っても良い意味では…)
     あのね、クリスさん。それは…

クリス:チッチッチッ、ダイジョーブですセガミサン!
     ワタシ、ちゃんとベンキョーしました!
     「ハッポー美人」って「ミンナにスマイルふりまくコト」デス!
     ワタシ、コトシはミンナにスマイルシマス!!

奈津恵:(……ま、まぁ…良い方に解釈しているなら…いいのかしら…)
     そ…そう。それは良い心がけね。
     秘書として大事なことだと思います。

クリス:デスよねデスよね!! ワタシもトッテモだいじなコト
     だと思いマス!!エヘヘ…(誉められたので照れている)

奈津恵:(ちゃんとした意味は後で教えればいいわよね…)

クリス:ソレでデスね!ワタシ、ニッポンに来てはじめて
     「カキゾメ」したデス!!見てクダサイ!!
     (持っていた掛け軸をびろんと広げるクリス。
     そこには見事な「
発泡美人」の文字)

奈津恵:う゛…………そ、それ…(汗)

クリス:エッヘン!ドーデスカ?ワタシ初めてフデでカンジ書きました!
     カンジもチャンとディクショナリー(辞書)で調べたデスよ!

奈津恵:……あのね、クリスさん…その字は……

クリス:(聞いてない)カッコヨク書けたカラ、カケジクにしたデスよ!
     シャチョー室にかざりマス!!

奈津恵:(何ですってっ!?・汗)ちょ…ちょっと待ちなさいっっ!!

クリス:ダメですか?あ!ホカのトコロにかざりたいナラ、
     ワタシ、何枚でも書きマス!!まかせてクダサイ!

奈津恵:い、いや…そうじゃなくて!

(社長が通りかかる)

クリス:あ!シャッチョー!見っテクッダサーイ!
     (掛け軸を広げたまま社長の元へ走り去るクリス)

奈津恵:ま、待ちなさーーい!(汗)

- CafeLog -