1999.12.27 ◆ お兄ちゃんからのプレゼント


橘:…な……なんっですかこれ↑は!!

柊:いや~、はっはっは。社長がね、
   N.H.Kニュースのネタがないっていうもんですからね~

橘:だ、だからってトップとここと両方占領ですか!?
   少しは遠慮したらどうですかっ!!!

柊:(聞いてない)ちなみにこれは僕の会社の
   ポスター(B2サイズ)なんですけどね~。あっ、そうそう。
   購買部にも貼っておきましたよ、ポスター。

橘:いりませんっっっ!!許可なく貼らないで下さいっ!

柊:許可は社長からもらったんですね~これが!はっはっは!

橘:しゃちょお………(社長を睨む)

柊:橘くん、そんなに怒ってばかりいると、
   コジワが増えちゃうぞ24歳♪ v

橘:…………(怒りで声が出ない)

柊:しょうがないなぁ~橘くんはー
   いつからそんなに怒りっぽくなったんですか?
   じゃあ、そんな橘くんに、ちょっと遅くなったけど
   お兄ちゃんからのクリスマスプレゼント!!

橘:プレゼント?(期待してない)

柊:ふっふっふ、これはプレミアものですよ~?
   はいっ、どうぞ。末永く使ってくださいね♪

(…といって柊が橘に手渡したのは
ニコニコ生命の粗品である二階堂  柊テレカと二階堂  柊Tシャツ、
二階堂  柊携帯ストラップに二階堂  柊ポケットティッシュ...etc)


橘:自分のグッズを弟に配るなぁ―――っっ!!!!
   (速攻捨てる)

柊:ああっ!捨てるなんてひどいぞ橘くん!!
   …まあいいです、予備はいっぱいありますから v

橘:絶対いりませんっっっっ!!!

柊:まぁまぁ。そうテレずに。
   ところで、クリスマスは終わっちゃいましたねぇ。

橘:そうですね。

柊:橘くんは、クリスマスイブはどのように過ごされましたか?

橘:…そ…そりゃ、みはるちゃんと会ってたけど……(赤面)

柊:(突然)というわけでクリスマスプレゼント第2弾!!

橘:(嫌な予感。みるみる真っ赤から真っ青へ。)

柊:じゃぁぁああん♪ よく撮れてるでしょう?

(…と、嬉しそうに取り出したのは、大きく引き延ばされた
一枚の写真。暗視カメラで撮影。)


橘:うわぁぁぁああああ!!!!!!
   (何が写っているのかはご想像にお任せします・笑)

柊:…おっと、これからトーク番組の撮りなんです。
   それじゃ、お仕事頑張って下さいね~橘くん。はっはっは。

橘:番組!? ま、待てぇぇえっっっ!!!!
   その写真は絶対置いてけ―――――っっっっっ!!!!!

泣き叫びながら柊を追う橘であったとさ。めでたしめでたし。
1999.12.20 ◆ ねぎ秘密結社流・年末年始の挨拶


眞妃:…とうとう来ちゃったわね…この時が…

千雪:何よ眞妃、会議室なんかに私を呼びだして。
    なぁに?その不細工なかぶりモノは。…もしかして、貴方が着るの?
    とーってもお似合いですわよ!ホーホホホホ!

眞妃:………(黙っている)

(そこに、うさぎの着ぐるみを着たハリーと浪路登場。)

浪路:ったく…かったりぃよなぁ…

ハリー:あらン眞妃ちゃん!それ、可愛いじゃないン♪

千雪:あら、浪路さんに相原さん。何?その格好は。

浪路:? なんだ千雪、なんにも知らねーのか。

千雪:は?

浪路:お前は今年入ったばっかだから知らねぇんだな。
    うちの会社はな、年末年始はそれぞれの年の年男年女が
    自分の干支の着ぐるみ着て挨拶周りするのが決まりなんだ。
    (編集注:掲載当初はキャラ全員に生まれ年が設定されていました。今は設定なしになってます)

千雪:え……じゃあ、まさか……

ハリー:眞妃ちゃんも千雪ちゃんも、辰年でしょン?
      ボクとナミちゃんは卯年だしン♪

浪路:ま、そーいうことだ。(ぽんっ←千雪の肩を叩く)

千雪:ちょ、ちょっと待ちなさい!?これを眞妃と着て
    挨拶周りですって!?冗談じゃないわ!!

眞妃:私だって嫌よ。でもしょうがないじゃない。
    この挨拶周りが結構好評らしいんだから。

千雪:だからって…!!そんなもの…
    この美しい私が着ることが出来ると思って!?

浪路:(ぼそっ)…そーいえば…挨拶周り担当の社員は、
    挨拶が終わったら社長から特別ボーナスが出るんだよな…

千雪:(ぴくっ)

浪路:それで今年の初めに俺、車買ったんだ。

千雪:(車が買えるほど出るということ!?)
    ま、まぁ会社の繁栄のためですものね…
    や……やってみようかしら……
    (龍の着ぐるみを手に取る千雪)

ハリー:よかったン♪千雪ちゃんOKしてくれてン!
      じゃ、とりあえずそれ持って帰って
      サイズが合わなかったら教えてねン♪

千雪:分かりましたわ。それではごきげんよう!

(千雪、実に嬉しそうに去る)

眞妃:…で、浪路。ボーナス出るって本当?
    (ちょっと疑ってる)

浪路:ああ、本当だぜ。

眞妃:車が買えるほど…?

ハリー:あらン?ナミちゃん、そのボーナスを
     頭金にしてローン組んで車買ったんじゃなかったっけン?

浪路:あー、そうとも言うな。

眞妃:(鳥居さん…ダマされてる…)

浪路:…んじゃ、ハインリヒ。俺らは年末の挨拶周りに行かねぇとな。

眞妃:………あら?そういえば大島さんは?
    大島さんも確か卯年じゃ……

ハリー:ああ、タッちゃんは免除になったのよン♪

眞妃:免除?

浪路:あいつは一年中ウサギのカッコしてんだろ。だからだよ。
    (編集注:掲載当初、橘がウサギに扮する謎の隠しサイトがありました。現在は消去済)

眞妃:…そういえばそうよね…
1999.12.06 ◆ 一発芸!!


(※今回のニュースは、仙波継人と大島 橘の繊細なイメージを
崩したくない人は読まない方が無難です。←いるのか?)


継人:…………

橘:………!?
   …け、継人!? だまって背後に立ってるからびっくりしたよ。
   な、なにそのマイク…

継人:……「週刊N.H.Kニュース」のネタが無いんだと。

橘:…は?

継人:社長のヤツが、オレと橘さんでなんか芸しろって…

橘:な、なんで僕らが!?

継人:…今回のニュースが「12月6日号」で…
    社員番号、オレが12番で橘さん6番だろ?だから…

橘:そんなムチャクチャなぁ!(泣)

継人:やんなかったらクビだと…

橘:そ、それでよく何も抵抗せずに来たね継人…
   (そんなこと絶対やりたがらなそうなのに…)

継人:…いや…したんだけど…
    (したがどうやら社長に完敗したらしい。疲れ切った表情)

橘:…芸…って…一体何すれば…(一応やる気らしい)

<…… さて、ここからアナタの想像力を最大限に発揮しましょう ……>

継人:…そう言やあ…橘さん、アレ得意だったじゃん

橘:あ、アレって?

継人:愛川欽也のマネ。

橘:え、えぇ!?だってそれもう何年もやってないよ!

継人:いいよそれで。あれわりと面白かったし。
    一瞬で終わるぜ?

橘:………………………じゃあ…いいかな…

継人:おう。

橘: …な~るほど・ザ・ワールド!!
   おまっとさーん!!司会の愛川欽也でーす!


継人:…あっはっはっは!

橘: …はい だめ~ (机の上を叩く)

継人:あはははは…ひーっ苦しーーっ!(←珍しい)

橘:…は…恥ずかしぃ……つ、次!継人!!

継人:い、いいじゃんかよ、それで十分だぜ

橘:ダメ!!僕がやったんだから継人もやる!!(少々キレ気味)

継人:第一オレ芸なんて…

橘:…確か昔、一度だけルパンのマネしたことあったね…

継人:げ!よくそんなこと覚えてんな…
   ………ったく、しょーがねぇな……一瞬だからな…

橘:いいから早く!

継人:…ふ~~じこちゃ~~~ん

橘:あっはっはっはっは!!!似てる!!!

継人:わっ、笑うなぁっ!!(自分はさんざん笑ったクセに・笑)
    …ったく…こんなとこ誰かに見られたら…

みはる:(橘の背後から恐る恐る)
     ……ふたりとも……なにやってるの?

橘:(げ!)みはるちゃん!!!

継人:も、森川!!

橘:(汗汗汗汗)…みはるちゃん……いつからそこに…?

みはる:……………………
     な~るほど・ザ・ワールド、から…
     …ぷっ…(←笑いこらえてる)

橘:…………み、見られた…………(絶句)

- CafeLog -