20150517

(総務・人事部)


みはる:真凛ちゃん!入社してもう1ヶ月経つけど、お仕事なれたぁ?

真凛:うんっ!みなさんとってもやさしーしだいぶ覚えてきたよ~!

みはる:すごぉい!あたしなんてまだまだできないこといっぱいあるのにぃ~
    それにしても、総務部に女の子が来るなんて思ってもなかったなっ!
    いままで、女の子はあたしだけだったもん~

真凛:あはは!でも成沢さんはほとんど女の子みたいだよねっ!

みはる:えー、でもハリーちゃんはああ見えて男らしいよぉ!
    こないだあかないビンのフタあけてもらったら、あっさりあいたし!

真凛:えぇぇ?それって男らしいって判断する材料なのー!?

早瀬:……こら、二人とも。
   仲良いのはいいが、休憩時間とはいえもうちょっと静かに話しなさい。


真凛:きゃ――――!!! 奥田部長っ♥♥

早瀬:!?

真凛:私、こぉんなカッコいい上司様のいる部署に配属されて、ホントに幸せですっ
   奥田部長、今週末こそ一緒にご飯食べに行きましょうっ!

早瀬:い、いや……だから週末はいつも忙しいと、前にも言っ……

真凛:たまにはこの真凛ちゃんのために週末空けてくださいよぉ!
   それとも、彼女さんでもいるんですかぁ?

早瀬:あ、いや……その……

真凛:即答しないってことはいないってことですよねっ!
   きゃー奥田部長だぁいすきですぅ


(早瀬にべったりとひっつく真凛を遠目から眺める、結佳)


結佳:……………(早瀬たちにすっごく複雑そうな視線を向けている)

初南賛:(あわわわ…関口さん…ここで「私が彼女です」とも宣言できないんだよなぁ…)

奈津恵:すっかりこの会社に馴染んだようね、天道院さん。

真凛:あっ、瀬上部長ー!お疲れ様でーす!

奈津恵:ところで、何してるの二人とも。

早瀬:ええと……(汗)

真凛:はーいっ!天道院真凛が奥田部長を口説いてるところでーすっ

奈津恵:口説く……?

初南賛:(……お、これは瀬上部長が止めに入る……かな?)

奈津恵:奥田君はモテるものね。
    けど、天道院さん。社内でいちゃいちゃするのは程々にね。


真凛:はーいっ!もちろんお仕事中は自重しまーすっ!
   でも休憩中はべたべたしちゃいまーすっ!

奈津恵:ふふっ…面白い子ね。

初南賛:(それだけ――――――!?)

結佳:……………(やっぱり複雑そうに見ている)

初南賛:(小声)……あ、あの、関口さん……

結佳:………何でしょう………

初南賛:……言いづらいのもわかりますけど、
    奥田部長とお付き合いしているのは関口さんなんですから、

    ここはあとでこっそりと天道院さんに伝えるべきだと思い……ますよ。

結佳:…………………それは、できません。

初南賛:!? な、なんでです!?

結佳:恋愛は、自由ですもの……わたしだって、かつては彼女さんのいらっしゃった
   奥田部長に片思いしてましたもの…お相手がいても好きな気持ちが
   止められないことは、
よく、わかりますもの……

初南賛:だ、だからって……


キーン コーン カーン コーン ”


結佳:休憩時間終わりましたね。それじゃわたしは資料室に行ってきます…。
   (暗い表情で立ち去る)

初南賛:せ、関口さん…

    (うわぁ……なんだか、面倒くさいことになってきたなぁ……)