20130407

(日曜日、三輪歓子宅)


歓子:お菓子いっぱい買ってきたし、食べて食べて!

恵莉:わー、すごいいっぱいありますね…。

氷雨:それにしても…すっかり暖かくなっちゃったなぁ…もう夏かぁ…嫌だな…。

歓子:夏って、まだちょっと先じゃん氷雨ちゃんてば!

恵莉:そうですよ~。ところで、歓子ちゃん…今日はなにかやりたいことがあるとか?

歓子:そそ!見て見て!じゃじゃんっ!(何かを取り出す)

恵莉氷雨:???

歓子:今話題の新作コスメ
従姉のおねーちゃんが化粧品メーカー勤めててねっ!
   社割で格安で買っちゃったサンプルもいっぱいもらったからあげる!

氷雨:お化粧…。

恵莉:ですか…。

歓子:∑( ̄□ ̄;)反応薄っ!!!うら若き乙女がメイクに興味なくてどうするっ!

氷雨:だって…やり方わからないし…。

恵莉:わ、わたしも……あんまりよくしらないし……
   お出かけのときにすこしだけするくらいですかね……。

歓子:キミタチ――――――!!

恵莉氷雨:!?

歓子:ヽ(`Д´)ノ もう、こうなったら今日はこの歓子さんが
   キミ達を春らしくかあああいくメイクしちゃうんだから!!!!
   ってかそのために今日は呼んだしね!

恵莉氷雨:ええぇ――――――!!??

歓子:あたし、人にメイクしてあげるの好きなんだ~付き合ってよねっ
















歓子:んじゃまず氷雨ちゃんね! 
   氷雨ちゃんは前髪ちょっと重たい感じだからそれをアップにして~…

氷雨:……………(何かをしゃべろうとする)

歓子:あ、出来上がるまで動いちゃダメだからね!
   ルージュはピンクが似合いそうかなっ! で、こうしてこうして……

氷雨:……………(しゃべりたいけどしゃべれない)

歓子:出来上がったら写真撮るからね! 逃げたらダメだからねっ!

氷雨:(汗)……………(しゃべりたいけどしゃべれない)


(数十分後)


歓子:ハイできた!んじゃ写真撮るよぉー!
   笑って!笑わなきゃダメ!ハイチーズ!!!





20130407b





氷雨:(出来上がった写真とか鏡とかを見る)
   ぎゃ…ぎゃぁぁあ~……だ、誰これ……はずかしい……

恵莉:ひ、氷雨ちゃん……かわいいです……!

氷雨:い、嫌だよぉ~……な、なんか、くすぐったいというか……
   自分じゃないみたい……(顔真っ赤)

歓子:何がイヤなのさぁ~! 上出来だと思うけどなっ!
    これならどんな男もよだれたらしながら寄って来るよっ>w<!

氷雨:Σそんなの嫌―――――― !!

歓子:さ、次は恵莉ちゃんだよっ!















歓子:恵莉ちゃんは~…髪がちょっと落ち着きすぎな感じするから~、
   ゆるふわっとしたカールさせて~、ルージュはオレンジが似合いそ!

恵莉:……………(勢いに押されて何も言わずなすがまま)

歓子:トレードマークっぽいヘアバンドは…
   そうね、あたしのこのラメ入りカチューシャ貸しちゃう!


(数十分後)


歓子:できたできた!じゃ写真撮るよー!笑って笑って!ハイチーズ!!!





20130407c





氷雨:うわぁ……かわいい……

恵莉:(出来上がった写真とか鏡とかを見る)
   …わぁ…お化粧ってすごい…ですね…わたしじゃないみたい…
   髪のあれんじとか、あんまりきょうみないしやったことなかったから……

歓子:でしょでしょ!?
   ふたりとも、せっかくかわいい女の子に生まれてきたんだから
   もーちょいおしゃれを楽しまなきゃだめだよっ!

氷雨:あんまり難しいのはちょっと…と思うけど…
   でも、この口紅の色はかわいいな……

歓子:サンプル使ったからねっ! よかったら持って行って!

恵莉:わたしも、すこしはお化粧、おぼえてみようかな…



”コンコンコンコン! ” (隣の部屋からノックの音)



歓子:……………あぁ、忘れてた!二人があんまりにもかわいいからついつい!
   今日のサプライズゲスト!入っていいよ!

恵莉氷雨:??





20130407d





みのり?:…………(にこにこにこ)

恵莉:…………

氷雨:…………

恵莉:…………榊くんですよね。

氷雨:…………どうみても男です。

ゆたか:Σ(≧▽≦)ちょっマジで!!?? 結構自信あったのに!!!!
    どーみてもお姉ちゃんっしょ!!!☆☆

歓子:………だから言ったじゃん榊………この二人、勘が鋭いからすぐバレるって……。

恵莉:ええとまず…首ふといですし骨格がしっかりしてるし背もちょっとたかいです…。
   あと足のむだ毛しょりがちょっと……あと胸がにせものっぽいです……。

ゆたか:そんな具体的に指摘しないでぇぇえ~☆☆
    オレの心が折れちゃうっ☆☆;;

氷雨:雪女族の私からすれば、男はにおいでわかる。

ゆたか:(≧▽≦)がーん!!!

氷雨:っていうか女の子同士の集まり…
   しかもおしゃれ遊びの中に何故榊さんが?(若干迷惑そうに)

歓子:あー、それはねー…
   午前中、このコスメ買いに行った時に偶然榊と会っちゃってねー。
   れからコスメサンプルで遊ぶって言ったら一緒に遊びたいとか言い出してさー。

ゆたか:そおゆうこと☆
    それにオレ、メイク結構得意だし!お姉ちゃんに化けるのも得意だし!
    逆に言えばお姉ちゃんメイク落としたらほとんどオレとそっくりだし!

氷雨:え……そうなんだ……

恵莉:お化粧のちからって、すごいですね……。