20130331

奈津恵:―――と、言うわけで…今年も新人さんを採用致しました。
    お二方には申し訳ないけど、人手不足が深刻なので研修期間なしで
    所属部署も決定させて頂きました。


夜半:奈津恵ちゃん、おととしの4月3日と冒頭文が同j
「スパン!!」(全部言い切る前にハリセンで叩かれる
   ……痛てて……今年はとうとう叩かれた……

奈津恵:ではお二人とも自己紹介、お願いできますか。まずは大島君、どうぞ。

梧:はい。初めまして、大島 梧(あおぎり)と申しま……

橘:(ガタッ)(゚Д゚) 梧 !?

梧:はい、あなたの弟の梧です。(にこにこにこ)

橘:ち……ちょっ……君まだ大学行って……

梧:大学? あぁ辞めましたよ(にこにこにこ)

橘:( ゚д゚)

梧:大学生やってるよりも、もっとやりたいことが出来たって、母さんに言ったら
  案外あっさり納得してもらえちゃって。
  というわけで今日からよろしくお願いします
大島主任。

橘:( ゚д゚) ポカーン

満:ってかお前兄貴のくせになんも知らなかったのか?
  みんな結構話題にしてたんだぜ~? 橘の弟が入社してくるって。

橘:え…えぇぇ……僕、そんなこと全然聞いて……

満:ま、面白いから黙ってよーぜ、って
  みんなに呼びかけたのはオレだけどな!

橘:(;゚Д゚)遠山さん!!??

愛子:それにしても大島さんの兄弟ってみんな同じような顔してるのね!
   なにかのDNA強すぎ !?


梧:あははは~。よく言われます。

愛子:これでこの社内に大島さんが3人・梧・椎子か~。
   下の名前で呼んで区別つけるのはいいとして、

   ますます大島主任の苗字が忘れ去られそうな気がするなっ!主に某彼女さんに!

橘:ガ━━━(;゚Д゚)━━━ン!!

梧:はい、というわけで今少し話にも出ましたが、ついこの間まで大学生やっていました。
  憧れのねぎ秘密結社に入社できて、光栄に思います。
  所属部署は広報部になりましたので、
今後もご指導ご鞭撻のほど、
  よろしくお願いいたします。


浪路:(この会社に憧れることの出来る部分て、なんかあったっけかな~……)

奈津恵:では次、千歳さん、お願いします。

あこ:はい!……初めまして、ち…千歳あこと申します。
   つい先日まで長野県にて暮らしていましたので

   初めて都会に出てきてすごく緊張しています……(がくがくがく)

照美:やっほーあこちゃん!
   そんなキンチョーしなくてもみんな変な奴らばっかだから大丈夫だっての!


次郎:照美さ……南十字部長、そのフォローの仕方はどうかと思うッス…!!!
   あ…あこ姉……じゃなかった、千歳さん、ようこそいらっしゃいましたッス!

あこ:!!(馴染みの顔を見つけてちょっとホッとする)

沙織:あれぇ? 照美ちゃんに泉君、彼女と知り合いなん?

照美:えぇ…

次郎:まぁ…

沙織:??

照美次郎:^^;……(多くは語れない)

あこ:そ、それで……私、事業企画部に所属になりました…!
   わからないことだらけですが、よろしくお願いいたします!

沙織:おぉ、ウチの部署なんか~! これからよろしくね!
   いや~久々に事業企画部に若い女の子とかうれしーねー!

あこ:え、わ、私そんなに若くないですよ…!?高校卒業して随分経ちますし…;

照美:23なら十分若いでしょ。
   ってか沙織さん!若くなくて悪かったわねぇええ!!!
   (ぎりぎりぎりぎり ←沙織の首根っこつかむ)

沙織:あっはははは照美ちゃんは若いんじゃなくて若作りなんだからいーじゃん!

照美:(゚Д゚)フォローになっとらんわっ!!!