偶然出会った二組は、そのまま近くにあった園内のカフェで、お茶をすることにした。

「こんにちは。総務部の奥田部長ですよね。こうして話すのは初めてかもしれませんね。
改めて…国際部のフレスリーザ・レオンハルトと申します。
こちらは息子のパノスです。よろしくお願い致します」

初めて言葉を交わす会社の重役に、リーザは礼儀正しく挨拶を交わし、笑顔で迎えた。
一方のパノスは、紹介を受けたにも関わらず、挨拶もせずに頬を膨らまし、
分かりやすく面白くなさそうな顔をしている。

自分と父親以外の男の介入など、邪魔でしかないからである。

「お…奥田さんとまさかここで会うなんて……すごく、びっくりしました……」
結佳は、まさに早瀬のことを考えてるときに本人が目の前に現れたので、
まるで神様が妄想を現実にしてくれたような、魔法でもかけられたような感覚に陥っていた。
しかしそれと同時に、他の男とのデート現場も目撃されてしまったショックで、
早瀬の顔をまともに見ることができなかった。
自分が想いを寄せるのは彼なのに、リーザとデート。
(どうしよう……奥田さんに、誰とでもデートするような軽い女だと思われたら……)

「奥田部長は、今日は弟さんと遊びに来たんですか」
「う……うむ、こいつが、今日が有効期限のここのチケットを持っていたので……」
「奥田部長と山音さんのようなカッコいい男の人なら、女性でも誘えば良かったですのに」
「そうできるならそーしてますって!!!でも俺は彼女いないし?はっちゃんは彼女とわ…ぶ!!!」
山音が余計な一言を付け足す前に、早瀬が山音の口をパンフレットで叩く。
「そちらこそ、面白い組み合わせと言っては失礼かもしれませんが…」
「ははは、そうですよね。今日は息子に仕組まれて結佳さんとデートですよ」

結佳さんとデート。
その一言に、早瀬の片眉がぴくりと上がり、
結佳が顔を青くして早瀬から視線を完全に逸らした。

「仕組んでなんかないやい!今日は父ちゃんと結佳ねえちゃんのデートだって、
最初から決まってたんだい!!だから兄ちゃんたち、邪魔すんなよなっ!!!」

ずっと黙り込んでいたパノスが、計画を台無しにされたと言わんばかりに、
奥田兄弟を指差す。

偶然会っただけなのに、邪魔者扱い。
子供のいうことなのだから、気にしなくても良いのだが、
早瀬は珍しく、大人げもなく苛ついていた。

そしてますます青くなる、結佳。

そんな二人の様子を、リーザは観察するように交互に見つめた。
(奥田部長……結佳さん。……二人のこの様子は……)
二人の表情を読み、何か心を決めたように一呼吸入れると。
リーザはおもむろに口を開き始めた。

「それにしても…結佳さん。今日はとても楽しかったですね。
二人でジェットコースターに乗ったり、お化け屋敷に入ったり…
結佳さん、お化け苦手なんですね。抱きつかれた時はびっくりしましたよ。はははは」

「ちょっ……レオンハルトさん!?抱きついたのはわたしじゃなくて、パノスさんですよ!?」

突然、リーザが今日のデートの感想を述べ始める。やや、脚色を含みながら。
ところどころで結佳がフォローや否定を入れまくるが、そんなことはお構い無しに。
実に楽しいひと時だった、というのをとにかく大げさに表現するリーザ。
親子から神経を逆撫でされ、早瀬の苛立ちは頂点に達しかけていた。
(……落ち着け……大体、関口が誰と遊園地を楽しもうと、
俺には関係のないこと、じゃないか……)

普段口数がそんなに多い方ではないリーザは、ありったけ話し終えると、急に黙りこんだ。
「れ、レオンハルトさん…?」


………


「………ふん、男のクセに、情けないにも程がある。
気に入らなければ己の力で奪い取れば良いのだ」



「え?」
「え?」
「へ?」

リーザは数秒、黙ったかと思うと。
突然、別人のように口調と表情が変わった。

「黙って指をくわえて見ておるから、
我輩のような最高にいい男に何もかも持って行かれるのだ!!!」


別人のように、ではなく……完全に別人格。
リーザ『閣下』である。
そう、リーザは二重人格であり、人格は自分の任意で入れ替えることができるのだ。
「出たぁ――――――!! 怖い方のとーちゃん!!!! なんで!?」
驚いて腰を抜かすパノスの首根っこを、閣下が乱暴に掴む。


20130324


「このワル餓鬼が!!! 貴様も子供のクセに大人を引っ掻き回すとは、
クソ生意気にも程があるわ!!!!我輩のこの高貴な血を引いていると自覚しておきながら、
姑息で汚い方法で女を陥れようとするとはな!!!!
我輩がその腐れ切った根性を叩き直してやる!!!!」

「えぇぇぇ――――――!? お、オレはただ、結佳ねえちゃんと……」
「問答言い訳口答え無用!!!! 来い!!!!」
「うわぁぁぁ――――――んん!! 助けて結佳ねえちゃ――――――ん!!」
「あぁあと、なんか分からんが貴様も来い!」
泣き叫ぶパノスを抱えながら、閣下は何故か山音を魔導で捕らえ、動きを封じて浮かばせる。
「えぇぇ!!? なんで俺!!!? 俺何されちゃうの!!??」
空中をあわあわと泳ぎ抵抗しながらも、山音はなすすべもなく閣下の手中に堕ちた。

「ここは魔法の国なのだろう?魔法の国は誰に何が起こるかわからないものなのだ!
男なら覚悟を決めるがいい! ハ――――――ッハッハッハッハッハッハ!!!!!」



閣下は、パノスと山音を連れて、空間移動魔導でその場から消え去ってしまった。
その場に残された早瀬と結佳は、何がどうなっているのかさっぱり分からず、
呆然と大口を開けて、彼らが消えた空を見上げることしかできなかった。








閣下が派手に壊していった、カフェテラスのテーブルや椅子の片づけをし、
支配人に平謝りしてる間に、すっかりと夜になってしまっていた。
ようやく落ち着いた早瀬と結佳は、他の店に入るのも申し訳なくなってしまい、
園内に流れる川の岸にあるベンチでぐったりと項垂れていた。
「……な、なんだかよくわからないことになってしまいましたけど……
お疲れ様です……奥田さん」

「……あぁ……」
閣下があれだけ派手に暴れたのに、カフェにいたお客はイベントの一環だと思ったらしく、
特に騒ぎにならずには済んだのが幸いであった。

「レオンハルトさんが二重人格というのは、話だけは聞いていましたけど…初めて見ました。
山音さん達……今頃どうしてるんでしょうね……」

「……まぁ、彼の別人格は、派手な悪事を働くと、
確実に上司の白鳥部長からお咎めが来るのが分かっているから、
まず山音達を悪いようにはしないだろう」

「そうですか……」

しばらく黙ってベンチに座り込み、後片付けの疲れも癒された頃、
お互いに、閣下が現れる前の状況をじわじわと思い出した。

「奥田さん、弟さんと仲良いんですね」
「……なんだ、突然」
「だって…ご兄弟で遊園地に遊びに来るほど仲が良いんだなって。
レオンハルトさんも言ってましたが………彼女さんも、誘えば良かったですのに。
ご都合、悪かったんですか?」


日が沈み、辺りはすっかりと暗くなり………そんな中で、早瀬とふたりきり。
そんな状況に置かれていることに今更ながら気づいた結佳は、
高鳴りだした心臓の音を落ち着かせるために、あえて早瀬の彼女の話題を出した。

早瀬は、黙りこんだまま何も応えなかった。
何か気に障ることを言ってしまっただろうか?
結佳の胸の高鳴りに、別の不安が混じってくる。
目線を合わないよう気をつけながら、結佳は早瀬の様子を伺いつつ、言葉を待った。


「…………もう、別れたんだ。彼女とは」




(つづく)