とある日曜日。
普段から割と行き慣れているはずの秋葉原の街に、
西城寺初南賛は緊張した面持ちでたたずんでいた。

(オフ会なんて初めてだなぁ…。普段チャットで話し慣れてる人たちが相手とはいえ、
実際に会うとなると…すごい緊張する…。)

初南賛は、普段オンラインゲームで共にパーティーを組んで仲良くしている者同士、
実際に集まって交流する…いわゆる『オフ会』に参加するためにやって来たのであった。
(あぁもう、早く集まらないかな…ホント、こういうの苦手だけど…
東京来てから新しい友達も全然増えてないし、多少は人見知りしないで行動しないと…)


「あ、あの~、すいません。…もしかして、ジョナサンさんですか?」

いきなり見知らぬ人から呼びかけられる。背後には同じ年頃の男性が二人。
「え、あ、は、はい…。」
「あぁ!良かった。前もって聞いてた服装と外見と似てたから…。
あ、俺は『シューティングスター』です。」

オフ会らしくハンドルネームを名乗る。
ちなみに初南賛のハンドルネームは『ジョナサン』。
まさかそのまま本名であるとは誰も思うまいと、あえてつけた名である。
「あ、どうも初めまして…。ジョナサンです」
普段、自分の名前を嫌うが故に、名前を名乗るのをとてもためらう初南賛であったが、
ハンドルネームだと割り切ってしまえば、さらりと名乗れることに妙な感覚を覚えた。
「えーと、こっちが『ハルキング』、こっちが『雄兎(ユウト)』。
ジョナサンはオフ会初めてだっけ? 今日はよろしく!」

一緒に連れていた二人を紹介する、『シューティングスター』。
3人とも人柄は良さそうだ。仲良くなれそうな空気を感じ、初南賛は安堵した。

その場で談笑しながら待つこと10分。その間にさらに男性2人が合流した。
「さて、そろそろ時間だね。……後は、『ケイリー』だけか~」
今日の参加者は全部で7人。残る一人が集合時間間近になっても来ない。
しかしその『ケイリー』こそが、今日の主役といってもいい存在であった。

「俺、ケイリー一番会ってみたかったんだよな~!
あんな廃人中の廃人、なかなかいないと思うんだよね」

「レベルとか装備とか神がかったのばっかだしなー。
ゲームに生活かけたニートかと思ったけどちゃんと働いてるみたいだしなー。
どんなヤツなんだろ」

『ケイリー』という人物は、仲間内でもキャラクターのレベルや装備品などが
ずば抜けており、戦力ではリーダー格であるともいえる存在であった。
だがその実力を決して鼻にかけることはせず、マナーや言葉遣いなどもとても丁寧。
『彼』の実生活を知る者は誰もいなかったが、誰もがなんとなく
『昼は仕事に打ち込み、夜はゲームに打ち込むエリートサラリーマン』
というようなイメージを抱いていた。

『ケイリー』の正体はどんな人物なのか。その話題で持ちきりな中で
初南賛も例に漏れず会うのが楽しみになってきていた。
(ケイリーさんか…確かに、ゲーム内じゃホント、
只者じゃないからなぁ…どんな人なんだろう…)


集合時間から遅れること5分。その注目人物が、遂に現れた。


「……あ、あのっ……とつぜんすいませんっ……!
しゅ、しゅーてぃんぐすたーさんたちのあつまりは、ここ、ですか……?」



声を掛けてきた人物の姿を見て、男6人は目を丸くする。
そこに現れたのは、エリートサラリーマン風の男性………などではなく。
男6人の集団の前には隠れてしまいそうな、小柄な女の子。
「……え、もしかして……『ケイリー』……?」
「は、はい…! わたしが、ケイリーです……おそくなってすいませんでした」
「まぁぁああじでええええ―――――― !? ケイリーって女の子だったの !?」
「俺なんて絶対男だって信じて疑ってなかったのに !! いや~びっくりした!」
反応はともあれ、皆『ケイリー』のことを大歓迎した。
ただ一人、固まったまま動かない男を除いては。

「あ、ケイリー紹介するね。まず俺、シューティングスター。
左から、ハルキング、雄兎、もこ丸、ロイヤル先生、…で、最後がジョナサンだ」


背の低い『ケイリー』は、シューティングスターが紹介してくれるのを見て、
顔を上げてひとりひとりの顔を見た。
そして最後に紹介されたジョナサンの顔を見て驚愕する。

「……えっ…… !?」
驚いたのは、初南賛も同様であった。


20120422


誰もが認める神ゲーマー『ケイリー』の正体とは、同じ会社の長谷川恵莉だったのだ。

思わず名前を口にしそうになった二人だが、オフ会で本名を晒すのはタブーである。
それがとっさに思い出されて、二人とも何も言えずに固まっていた。






軽く自己紹介を終えた後、一行は喫茶店へと向かい、改めて落ち着いて談笑した。

「それにしても、何度も言っちゃうけどケイリーって女の子だったんだなぁ~。
失礼かもだけど、イメージと全然違ったよ」

「そ、そう、です…か…?」
「まあ中の人の性別なんて、あんま聞いたりしないしなー!
ま、むさいヤローが中身よりも全然いいよ!なんてな!」

「あ、あはは…」
「そんな緊張しなくていいよケイリーちゃん。いつも通りで」
「……は…はい……」
オンラインでのいつもの仲間達にフレンドリーに話しかけられる『ケイリー』…
恵莉だったが、
緊張と困惑とでガチガチになっているように見えた。
(まぁ…参加者7人中、女の子たった一人だしなぁ…)
かくいう初南賛も、ちょっとでも話すと『リアルでのつながり』がバレてしまいそうで、
何も話せず、黙々と飲み物をすすることしかできなかった。

「ジョナサン意外に無口だなー。チャットじゃ結構しゃべるくせに!
堅くならずに気楽に行こうぜぇ!」

さっきから一言も発しないジョナサンに気づいたシューティングスターが、
初南賛の肩を勢いよく叩く。

(もともとこの場で何を話していいか分からなかったのに……
長谷川さんがいるだけでさらにどうしていいか、わからなくなったよ……)

「…それじゃ、適当に腹いっぱいになったことだし、ゲーセンでも行くか!」






場所は変わって、ゲーセン。
男性だらけでまともに会話もできないほど困惑していた恵莉は、
ゲームの仲間ならゲームで打ち解けようといわんばかりに、
オンライン上では『神』とも称されたその腕を黙々と披露した。

「うおお!すっげえ!何でそこでそんな技出せんの !?」
「速い速い速いって!相手一瞬で沈んじゃったよ!」
「やっぱり『ケイリー』なんだなぁ!」

初南賛も以前、彼女の腕前は拝見したことはあったが、
やはり改めて見ると感心する腕前であった。

だが、やはりうっかり妙な口を叩いてしまいそうで、
遠目からその様子を見ていることしかできなかった。

「……あ、すいません。ちょっと……しつれいします」
ゲームの筐体の前から立ち上がり、バッグを抱えてお店の隅に向かって歩き出す恵莉。
「……ほい、いってら~」
『お手洗いに行く』と察した一人が、ひらひらと手を振る。
恵莉が去った後の筐体の前で、他のメンバーが、
恵莉が披露した技を自分でもやってみようと
次から次へと群がった。
注目の的であった恵莉から、皆の視線が外れると。
一人、別の場所でぼんやりと立っていた初南賛の背中を、
恵莉が掴んで引っ張り、歩き出した。

「……え? ちょ、ちょっと?」






「あの…その、すいませんでした」
初南賛と恵莉は、騒々しいゲーセンの中から抜け出し、入り口脇の路地で立ち話をした。
「…なんで謝るのかはよくわからないけど…まぁ、びっくりしたよ…。
まさか長谷川さんがケイリーさんだったなんてね」

「西城寺くんこそ…まさかほんみょうそのままの、ジョナサンさんだったなんて…」
「う、うん…まあね……。
……けど、よく君がオフ会になんて来たね。男ばっかりだったのは予想できただろうに。
女の子ひとりで、つらくない?」

初南賛に痛いところを突かれ、恵莉が表情を曇らせる。
「……そ……それが……
……あ、あの!……お、おねがいがあります西城寺くん!」

「へ?」
「こ、この仲間うちだけでいいです、わたしの……
か、か、か、……彼氏、に、なってくれませんか!」


「はぁああ !?」



(つづく)