20110703

前回のあらすじ】

成沢眞妃が重病かもしれない?そんな話を偶然耳にしてしまった奥田早瀬。
黙っていられなくなった早瀬が、直接問いただした途端、眞妃は倒れてしまう。
救急車が呼ばれ、ねぎ社は騒然とするが…




みはる:え?え?なんのさわぎ?ハリーちゃんが大あわてで出て行ったけど……

初南賛:さっき、内線で……成沢部長が倒れて、救急車呼んだって……連絡が。
    瀬上部長も付いていったみたいです。

みはる:∑( ̄□ ̄;)ええええええっ!?














(病院)


医者:軽い貧血でしょう。
   とりあえず、命に関わるような状態ではないので、ご安心ください。

   とにかく、絶対安静でお願いします。

明:はい……ありがとうございました。


(診察室を出てくる、明)


奈津恵:明さん。どうだった?大丈夫なの?

明:あ、瀬上さん。ホント、大騒ぎさせちゃってごめんなさい!
  とりあえず、軽い貧血だけのようです。安静にしてれば大丈夫って言われました。

橘:……それにしても……具合が悪かったなんて、全く気づきませんでした……
  明さん、眞妃さんは……一体なんの病気なんですか……?
  差し支えなければ、知りたいんですが。


明:………うーん、さすがにバラしちゃおうかな。眞妃ちゃんは、病気じゃないの。
  おなかに赤ちゃんがいるのンvv

奈津恵:∑( ̄□ ̄)妊娠してたの!?

明:けど、今経理部スッゴイ忙しいからって、仕事が落ち着くまで頑張る、って言って…
  幸い、つわりがほとんどなかったから、誰にもバレずに仕事続けてたんだけど……

奈津恵:ホント、良く誰も気付かず…って、今何ヶ月くらいなの?

明:えと、この間9ヶ月になったばっかりかなンv

橘:∑( ̄□ ̄;)9ヶ月!?
  全然わかんないんですけど!お腹ふくらんでました!?

明:スカート相当ゆるめて、上からブレザー着ちゃえば、割とわかんないみたいv

橘:(9ヶ月ってことは…青木くんの歓迎会の時には
  既に妊娠してたってことだよなぁ…なんて恐ろしい。。)


明:……でもね、ちょっと前から眞妃ちゃん、体調悪くなってきて。
  診てもらったら切迫早産かもしれないって言われて。

奈津恵:早産…!

明:センセイからは入院して絶対安静して、って言われたのに、
  仕事で迷惑掛けたくないって言って、
辛いのに会社きて……
  結局迷惑掛けちゃったけどねン……










(数日後、会社にて)


眞妃:おはようございます…。

奈津恵:おはようございます、成沢部長。もう大丈夫なの?

眞妃:いえ、仕事の引継ぎをしなきゃと思って…一時的に退院をさせてもらいました。

奈津恵:あら、そんなこと気にしなくていいのに。

眞妃:…………

奈津恵:あなたはもう、元気な赤ちゃんを産むことだけを考えてればいいのよ。

眞妃:……本当に…うちの部署、今大変な時期なのに…
   …本当に、すいません……
(申し訳なさそうに涙を流す)

奈津恵:………もう、ホントに呆れるくらい真面目なんだから………
    出産だって、大事な女の「仕事」なのよ?
    会社はあなたがいなくても、誰かが代わってあげられるけど、

    明君の子はあなたにしか産めないんだからね。

眞妃:(声にならずひたすら頷く)

奈津恵:経理部長は、あなたがいない間は私が代わることにするわね。
    これでも元経理部所属ですもの、安心して任せてちょうだいね。

眞妃:……あり、ありがとう……ございま……す

奈津恵:それにしても、赤ちゃん楽しみね!性別は判ってるの?

眞妃:……お、女の子……

奈津恵:女の子!いいわね!
    っていうか、あなたに似ても明君に似ても、足して2で割っても
    美人確定じゃないの!
…絶対に、元気な赤ちゃんを見せて頂戴ね。頑張るのよ!










(人事部)


初南賛:……というわけで、瀬上部長は臨時経理部長になって、
    4階に行ってしまったわけですけど……


結佳:……………

初南賛:人事部長は、どうなるんですかね……

結佳:……………

初南賛:関口さん、聞いてます?



20110703b



初南賛:(あぁ、なるほど……そうなるのね……)



(実はまだつづく)