20110612

(昼休み、営業部)



次郎:すぅ~~~~~……はぁ~~~~~………(深呼吸)
   人、人、人……んぐ、んぐ、んぐ……よしっ!!!!

ゆたか:(びくっ!)な……なんですか泉先輩☆びっくりしたじゃないですかー☆
    お昼休みに、なにそんなに気合入れてるんですか?

次郎:じ、じゃあ行ってくるッス!!!!!!!(ゆたか眼中になし)

ゆたか:あれー…なんか華麗にスルーされちゃったー☆

クリス:アハハ、泉サンなら、きっと南十字部長のところデスよ!

ゆたか:南十字部長……あ!確か事業企画部の部長さんですよねっ☆
    ちっちゃくてラブリー
vな☆

クリス:そのコトバ、南十字部長に言ったら蹴っ飛ばされるから気をつけてクダサイね。

ゆたか:えぇ~?オレなんか今悪いこと言いましたっけー☆
    けど南十字部長に会うのに、なんであんなに気合い入れるんですかね☆

クリス:朝からずっと様子うかがってマシタけど、
    どうやら初めて、南十字部長をお昼ご飯に誘ったぽいのデスよ。

    あの歳で、泉サンはかなりのシャイデスからネー。気合いが必要なんダト思いマス。

ゆたか:………なるほどぉ~………面白そうだから追っかけて行ってみよー☆

クリス:でも……アッ、行っちゃっタ……。
    榊サン、なかなか
KYデスネ……覚えておきマス。






(屋上公園)



照美:お誘いありがとう、泉君。……けど、もろビジネスメールみたいな内容で
   最初お昼ご飯誘われてるの、分からなかったわよ!(携帯を開く)

-------------------------------------------------------------------

From:泉 次郎
件名:昼食のお誘い

平素は格別のお引立に預かり厚く御礼申し上げます。
(中略)
ご多忙のところ恐縮でございますが、
日頃のご厚情に対していささかの謝意を表したく存じますので、
何卒ご参集下さいますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------

照美:一行目からして間違ってる!

次郎:す、すいませんんんんん!!!!!!!

照美:……まぁ、なんでもいいわ。こうして一応一緒できたわけだし。
   そういえば、最近相当頑張ってるみたいじゃないの。吉村部長がホメてたわよ。

次郎:そ、それほどでもないッスよ……

照美:そうかしらね?吉村部長って人は良さそうだけど、
   あの人あんまり、他人のことホメないわよ。

   その吉村部長が、泉君は最近急に、すごく成長したって認めてたものね。

次郎:そ、そうッスかね……

照美:「自分に自信が持てる、しっかりした男になる」努力をしてると見て、
   いいのかしらね
(意味深な笑い)

次郎:……て、照美さん……(顔真っ赤)

照美:まぁ、後輩も出来たみたいだし、後輩に示しつけるためにも………

ゆたか:はぁ―――い☆
    その後輩がここに参上ですよ☆

照美:!?

次郎:∑( ̄□ ̄;) 榊くん――――!!!??

ゆたか:南十字部長!改めて初めまして☆泉先輩のかわいいかわいい後輩の
    榊☆ゆ・た・か☆でございます!以後お見知りおきをっ☆

照美:な……なんなのコイツ……

ゆたか:いや~~……しかし………


(がしっ ←照美の背後からゆたかが抱きつく)


照美:!?!?

次郎:∑( ̄□ ̄;)!!!??

ゆたか:南十字部長、ちっちゃくてかわいくて抱き心地いいですねー☆
    オレ、部長みたいな女の子にキュンキュンきちゃいますよぅ☆

照美:ぎゃ―――!!!このナンパ小僧!!ちっちゃいとか言うな!
   ってか抱きつくな――――!!!

次郎:((( ̄□ ̄;))))…………

照美:ちょっと―――!!どこ触ってんのよ!ドエロ小僧!離しなさいっ!!!!

ゆたか:う~ん、昔飼ってた猫思い出すなぁ☆かああわいいなあ~☆

次郎:(((((((( ̄□ ̄;))))))))))…………

照美:猫と一緒にすんな!!!! ちょっと!泉君!ボーっと見てないで助けなさいよ!!

次郎:……ぼ、ぼぼぼ、ぼ、僕だって……

照美:……へ?

次郎:僕だって照美さんにまだ触ったことないのに――!!!
   僕より先に触るなんてズルいッス!榊くん!!!!!

照美:…………( ゚д゚) ポカーン……

次郎:∑∑( ̄□ ̄;)はぁぁぁぁあっ!!! つい本音が!!!!!

ゆたか:…………ですよねー☆ 失礼しましたぁっ☆
    じゃあ、お望みどおり存分に触ってみるといいですよ~☆
    (照美を次郎に向けて押し出す)

照美:きゃぁっ!

次郎:わっ!(よろけた照美を胸で受け止める)

ゆたか:では☆ごゆっくり~☆☆(軽やかなツーステップで立ち去る)














照美:不愉快!すっごい不愉快だわっ!なんなのあのクソガキ!!!

次郎:す、すいませんッス………

照美:……ところで!そろそろ離して欲しいんだけど!

次郎:∑( ̄□ ̄;)ひゃぁぁああっ!!! 申し訳ありませんッス!!!!!
   (榊くんの言うとおり、抱き心地が良くて、つい……!!!!

照美:全く……あんなアホみたいな後輩、先輩であるあなたの責任もあるんじゃないの!?
   もっとちゃんとしっかりと教育しときなさいよっ!!

次郎:ほ、ホントに申し訳ないッス………

照美:不愉快な思いをさせた責任とって、
   今度の休みに食事と映画くらいはおごって頂戴よね!!


次郎:……え……? そ、それって……

照美:詳細は後日メールで!あともうあんなビジネスメール送ってくるんじゃないわよ!





(陰でこっそりと見てる、ゆたか)

ゆたか:泉先輩、ガンバレ☆