20110424

(経理部)



橘:そういえば先週、国際部でリーザ閣下の入社歓迎会が行われたそうですよ。

大空:へぇぇ~!ってかいまさら?リーザ閣下って来てずいぶん経ってなかったっけ。

橘:まぁ歓迎会というよりは親睦を深めるのが目的だったみたいだけど。

大空:ふ~ん……って、あ!!!!!!!!!

橘:(びくっ)な、何?

大空:俺は!?

橘:え?

大空:俺の歓迎会は!?

橘:……あ……そういえばやってなかったような……でもそれこそいまさら……

眞妃:何?青木君。うるさいですよ。

大空:成沢ぶちょおお――――!!俺を歓迎して――――!!

眞妃:(突進してくる大空の頭を片手で掴んで払いのける)

大空:ぶべっ!(地べたに叩きつけられる)

橘:(眞妃さん……だんだん青木君に容赦なくなってきてるな……)

眞妃:一体なんなんです?歓迎しろとか……

橘:ええ……実は、青木君の入社歓迎会って
  やってなかったなぁという話になりまして……


眞妃:……そういえば。別の意味で彼にインパクトありすぎてすっかり忘れてたわね。

大空:(´□`;)えぇぇぇ!?忘れてたの俺のせいなの!?ひどいっす部長!
   もう!今からでもいいからやってよ俺の歓迎会!

眞妃:歓迎される側が歓迎会要求するものじゃないでしょう……とはいえ、
   青木君が来てからうちの部署もかなり助かってるし、
   歓迎会やってあげないこともないわねぇ。


橘:∑めちゃくちゃ上から目線!?まぁ上の人ではありますけど…

眞妃:なら週末、みんな予定がないならどこかに食べに行きましょうか。
   今更だけどそれが青木君の歓迎会ということで。

橘:えっ(青ざめる)

大空:えっ!?マジですかー!?(歓喜)

眞妃:…………何です、その対象的な反応は。

橘:え、いや、眞妃さん。あのその週末はちょっと……

眞妃:大島さんはみはると何か予定でもあるのかしら?
   それならみはるも呼んで構わないですよ。


橘:いやそういうわけではなく……週末っていえば給料日前だしお財布の余裕が……

大空:えー!?大島主任メシ食いにいけないほど金欠なんすか!?
   それヤバくないっすか!?


眞妃:費用の方は気にしないで下さい。今回は私が全ておごりますから。

橘:(´Д`;)えええええええ!?

大空:ってかなんで来週なんっすか?
   今日は残業の予定もないし今日行っちゃいましょうよー!


橘:あ、青木君……今日いきなり行ったら、ダメなんだ……前もって予約しないと。
  今から行って、お店が眞妃さんが満足できるだけの量を出せるわけもないんだからね?

大空:?? まあいっか!やったー!週末は成沢部長のオゴりだー!!

橘:………おごりって、大丈夫なんですか眞妃さん。
  だって眞妃さんと食べに行くときはいつも……

眞妃:大丈夫よ。貯金下ろしていくし、ついでだからも呼んで彼にも払わせるわ。

橘:(ほ…本気だ、本気で行く気だこの人……(((( ;゚Д゚)))

大空:明さんてすっごい美少女な成沢部長の旦那さんっすよね!
   話したことないから楽しみだー!


橘:青木君、その表現何かおかしいと思わないの!?

眞妃:じゃあ予約取らないといけないわね。私の行きつけのお店でもいいかしら?

大空:ハイ!そりゃもうゼヒ部長のオススメのウマイ店でお願いしまっす!

橘:(´Д`;)……(もうどうにでもなって……)



… 眞妃電話中 …

経理部オフィスが静かなせいか、電話の相手の声がかすかに聞こえる。
相手は眞妃からの電話にかなり恐縮しているように見える。
「万全の体制でお待ちしております!」というかしこまった言葉だけ聞き取れた。




眞妃:……ふぅ。予約取れたわ。土曜日の午前11時で。

大空:へぇ。お昼にしたんっすか!11時ってほぼ開店と同時?

眞妃:ええ。お店貸し切りにしましたから。

大空:工エエェェ(´Д`)ェェエエ工!?

橘:だってその日一日の食材、たぶんそこで全部食べ終わっちゃうだろうからね

眞妃:それじゃ、土曜日あけておいてくださいね。

大空:はぁーいっ!なんかチョー豪勢な感じで楽しみだぁ!

橘:はぁ………







(土曜日)


大空:”ファミリー焼肉『食寧亭(くいねいてい)』”
   ……へぇ、部長のオススメのお店が焼肉とは結構意外!

眞妃:青木君、焼肉嫌いだったかしら?

大空:いいえ!!焼肉大好きっす!!!

橘:うわぁ、ここは………前に継人から聞かされたことある店だ……

明:ここは眞妃ちゃんの一番のお気にのお店だもんねっ><v
  それにしても……お金、足りるかなぁンv(財布の中覗き込みながら)

橘:…あ、あの、明さん。さすがに明さん達のおごりは
  かなり申し訳ないですし僕も払いますよ…

  下手したら成沢家の今月の生活費くらい軽く飛んじゃうと思いますし……

明:気にしないでいいのンv 外食時のいつものことだしねンv
  それに、眞妃ちゃんすごく楽しそうだし水を差したくないのよねンv

大空:さっきから話聞いてると……この店、そんっっっなに高いんすか?

明:んーん、スッゴク安いのよンv それでいて美味しいしv

橘:商品個々の値段よりも、問題は量…………

大空:安いけど量が少ないんすか?

橘:………まぁ、入ってみればわかるよ。青木君、

大空:はい?

橘:今回、成沢部長から歓迎されるのは君だからね?頑張ってね?
  (大空の両肩をがしっと掴む)

大空:は、はい……って大島主任、目つきが怖いっす……

眞妃:何してるの3人とも、早く入るわよ。




その後、継人が被害者になった時以上の光景が展開されたそうな。
焼肉を腹の中にしこたま詰め込まれた大空は見事に故障し、
GW中は目いっぱい久我のメンテを受けることとなるのであった。



※小説時の量は眞妃にとってはデザートレベル。