20100829

※そういえば開発研究室スカウトキャラバンの続きを
 書いてないことに最近気づいたのでその後どうなったかだけを
 お伝えするのが今回のニュースです。




※桐島上総、腹黒警報。前回の涙を返せというくらいのレベル。





(開発研究室)


久我:ああ、湧木君。そこの青い薬品取って貰えるかな。

湧木:えーとえーと、あ!これっスね。はいどーぞ。

久我:いやしかし、湧木君が来てくれたお陰で我が部署も
   ようやく繁忙期から抜け出せそうだよ…フフフフ


湧木:そうっスかー?僕そんなに薬品とかの知識ないから逆に迷惑かけちゃってそーで…

久我:いやいや、君はかなり物事覚えるのも早いし、助かっているよ。

湧木:えー、そうっスかねぇ~(照れ照れ)

上総:はぁ。

湧木:! …………何っスか?桐島主任。

上総:何でもないですよ?(笑顔)

久我:それじゃ私はこの試作品を営業部と広報部に持っていって説明して来るよ。

(久我、退室)

湧木:…………。

上総:…………。

湧木:……そんなに、沙織ねえさんをこの部署に呼べなかったことが
   気に入らないっスかね。
というか普通に考えてあの多忙な事業企画部から
   沙織ねえさんを引き抜けるわけがないっスよ。


上総:別に何でもないって言ってるだろう。(笑顔だが目が笑ってない)
   あとその「沙織ねえさん」って呼ぶの止めてくれる?個人的に腹が立つ。

湧木:僕が沙織ねえさんをなんて呼ぼうと主任には関係ないですよねー。
   それに主任、別に沙織ねえさんと付き合ったりとかしてないっスよね~?(にやにや)

上総:…………。

湧木:東大出で頭の良さそーな主任ならお気づきかもしれないですが?
   僕、沙織ねえさん狙ってますから。ま、お互い頑張りましょ。男らしく正々堂々とね。

上総:な……!

沙織:しっつれいしまー!

上総:……あ、沙織さ

湧木:(割り込む)沙織ねーさんちーーーっす!今日もかわいいっスねぇ!

沙織:ちーっす!って湧木なにいきなり、んな当たり前のこと言ってんの!
   えーっと、久我さんに用があったんだけどなー。どうやらいないっぽい?

湧木:久我室長なら営業部と広報部に行くって言ってたっスよ!
   ここからなら営業部のほうが近いし先に行ってるかな?

沙織:そかそか、さんきゅ!じゃあ営業部行ってみるかー。

湧木:僕も営業部に用事あるから、一緒に行きましょ~!

上総:……ちょっと待って。君にいつ営業部への用事なんて出来たんです?
   (ふるふると震えながら)


湧木:たった今ですよ。
   か弱き乙女の沙織ねえさんを無事に安全に営業部へと送り届ける仕事っスよ
v

上総:………君、そろそろいい加減に

沙織:やーだなーもう湧木!か弱き乙女とかそんな当たり前のことを!
   じゃあお言葉に甘えて一緒に来てもらっちゃおうかな~、へへへへ。

上総:(ずぎゃーん)←ショック音

湧木:というか沙織ねえさん来てくれたお陰で、
   こわ~い腹黒上司の魔の手から逃れられて助かったっスよ~


沙織:ん?

上総:誰が腹黒上司だって?

湧木:誰とは言ってないっスよ♪じゃ、沙織さん行きましょっか!(沙織の手を引く)

沙織:ちょっ!?

上総:!!

湧木:……  じゃ、桐島主任失礼しまーす♪

沙織:あ、……ああ桐島さん、またね!
   …………ちょっと湧木、手ぇ引っ張りすぎだってのー!(引っ張られながら退室)





湧木:(手握った時に一瞬だけど沙織ねえさん、
   桐島主任の方見て申し訳なさそうな顔したな……
   こりゃ案外、主任は手ごわいライバルなのかも?まっ、がんばろーっと♪)