20100428

(前回の新入社員紹介後…)


奈津恵:……ご、ごめんなさい……さすがにちょっとやりすぎたわ……

夜半:…タメなしハリセンがこんなに効くとは思わなかったな。
   気を失ったのなんて何百年ぶりだか。
何度言ったらわかるんだい。
   そのハリセンは不死身の俺でもホント痛いんだってば。


奈津恵:わ、わかったわ。これからは少し気を付けるわ。

夜半:少しかい。。

奈津恵:けど最初に…何も言わなくても気が付きそうな貴方には、
    彼の事情を話したじゃないの。
朝霧さんについてはともかく、
    青木君のことは
極秘で、普通の人として扱うって。
    それをさっき、さらっと人間じゃない新人が二人って言いかけて…

夜半:(溜息)どうせ黙ってたところで、すぐバレると思うけどねぇ。
   というか俺みたいなのが堂々といるこの会社で、
   あの程度のことがバレたって誰もなんとも思わないよ。

奈津恵:…本人が、気にしてるんだもの。仕方ないじゃない…。
    あの子ああ見えて結構傷つきやすいみたいだから、
    なるべく隠してあげてちょうだい。


夜半:はいはい……とはいえ、勘の鋭い大島君あたりはすぐに気づきそうだけどねぇ。


------------------------------------------------------------------------------------


(数日後、経理部)


橘:来てから何日か経ったけど…青木くん、仕事はそこそこ慣れたかな?

大空:はい!ちょっと難しいところもあるけど、すごくやり甲斐ある仕事だと思うし、
   先輩(橘)は優しくて頼もしいし、これで成沢部長に蹴られながら仕事できれば
   こんな幸せなことは無いっすv

眞妃:後半は削除!!

大空:あっ部長ーv お疲れ様でーす!

眞妃:お疲れ様。(近寄ってくる大空を手で しっしっ と追い払いながら)

橘:ほんと、青木くんは仕事を覚えるのが早いし、
  助かるよ。もっと早く居てくれたらよかったのになぁ(笑)

  そういえば本当は去年の4月にここに来る予定だったんだよね?

大空:あ、はい!…実は、去年ここに来る直前に、交通事故に遭って
   死にそうな大ケガしちゃいまして…

   復帰できるようになるまで1年かかっちゃったんです。それで…

橘:Σそ、そうだったのか。。大変だったんだね…でも元気になって良かったね。

大空:はい!

橘:あ、そうだ青木くん、あそこに積んであるファイル、
  倉庫に置いてきてもらっていいかな?

  それ置いてきたら総務部からさっき説明したファイル借りてきてね。
  あ、あとそのファイル、
ちょっと…いやすごく重たいから気を付けてね。

大空:はーい!俺力仕事は得意なんで心配無用っすよ!
   (どたどたどたどた ←倉庫に走り去っていく)


橘:うわ…ほんとに。。あんな重たいもの持って走ってるよ……。

眞妃:まぁ…ちょっと変なところはあるけど、彼が結構出来る子なのは認めるわ…

橘:確かにちょーーっと変だよね。電池が切れたようにぼーっとしてるかと思えば、
  声かけたら人の何倍分も仕事こなしたりとかして……
  (少し考えながら)……んー…いや、そんなことよりも……

眞妃:どうしたの?

橘:…なんて言ったらいいのかなぁ…こんなこと言ったら失礼かもしれないけど…
  ちょっと、人間っぽくないというか…
  人間離れした「空気」みたいなのを感じるんだよね…彼。


眞妃:そりゃ、人並み外れたドMの変態だけど、そういう事じゃなくて?

橘:(´Д`;)……う、うん……確かに変た…いや、変わった性格だけど、
  そういう事じゃなくて…何だろう、どこもおかしくないように見えるんだけど、
  何か引っかかるんだよね…。


眞妃:??

大空:ただいま戻りましたー!いやぁーホントあのファイルの束重かったっすね!

眞妃:早いわね…

橘:お、おかえり…(いきなり現れたのでちょっとびっくりする)
  あ、あはは、だから重たいって言ったでしょ…
  気を付けないと手首折れちゃうよ~なんて(笑)


大空:マジっすねー、重くて手首がカクカク……あ。



 ポロッ  ガチャン!


眞妃橘:!!!!????(声にならない驚き)

大空:……………。

眞妃:……………。

橘:……………。


なんと、おどけて振り回していた大空の右手首が、ポロリと床に落ちてしまったのだ!
落ちた瞬間、金属音が。手首の断面部分には精密機械が露わになっている。


大空:……いやぁ、あははは。マジで折れちゃいましたね。
   あとで直してもらわないと…ゴニョゴニョ

眞妃:…あ、あの…青木君、あなたは……?

久我:フフフフフ…そこは私が解説しようじゃないか…

橘:うわっ、いつから居たんですか久我さん!?

久我:こらこら大空君。今日はメンテの日だったのに今朝私のところに来なかっただろう!?
   君はまだ完璧ではないのだ。だから無理するとパーツが折れたりするんだぞ!
   メンテはサボったら駄目だぞ?


橘:メンテ……?

大空:く、久我さん…!俺は……

久我:まぁ大空君。せめて同部署の人達くらいには言っておいた方がいいのではないかい?
   というかここまではっきりしたモノを見られてしまっては言わざるを得ないだろう。

大空:う、うん……そう、だよね……

久我:よしじゃあ解説しよう!…見ての通り、青木大空君はこの私、
   久我恭一郎の現在出しうる
全ての技術を余すところなく取り入れた…
   最強無敵のサイボーグ!
   それがこの大空君だっ!!!!

大空:…………(恐る恐る眞妃と橘の方を見る)

橘:なるほど、交通事故で大怪我して死にそうだった青木くんを
  久我さんが改造して助かったってことなんですね。


久我:その通り!さすが、橘君は状況把握が早いな!

眞妃:力持ちだったり、計算が異常に得意だったりしたのも身体が機械だったからなのね。

大空:……え、ええ?成沢部長も大島主任も、ビックリしないんですかっ!?

眞妃:だって…久我さんならそのくらいのことやらかし…いえ、やれそうだし…

橘:久我さんなら仕方ないというか…。それに、別に君が何者でも僕たちは気にしないよ。
  こうして怪我が治って会社に来れるようになっただけでも、良かったじゃない。

眞妃:そうよね。それに君よりも久我さんの方がよっぽども人間離れしてるわよ。

久我:仕方ないとか人間離れとか…君ら、私のことを何だと思ってるんだねっ!?

大空:お、俺、こんな身体になっちゃって…バレたらみんなに気味悪がられると思って、
   奈津恵おばさん……人事の瀬上部長には黙っててくれって頼んでたけど……

眞妃:大丈夫よ。私たちはもちろん、他の部署の人たちだって気にしないわよ。
   だってそういう会社だからね。君がどんな身の上でも
   経理部は大歓迎するわよ(にっこり)


大空:……う……うう………うわ~~ん成沢ぶちょおおおお!! 大好きで――――す!!
   その胸で窒息死させてくださ―――――い!!

眞妃:抱きつくな―――――っ!!!!(ごばきぃいぃ!!)

橘:あっ……首が取れた。。。

久我:やれやれ…研究室に連れて行って色々くっつけないとねぇ…フフフフフ…