20000731

 情報システム部の東堂浪路が退社して、数日が経っていた…



みはる:あーあー、ヒマだなぁ。
    (応接間のソファーに寝っ転がる、みはる。大股。)

橘:……みはるちゃん……さすがにそれはみっともないよ……(汗)

みはる:だぁってぇ!ヒマなんだもん!暑いんだもん!!
    どうにかしてっ!橘くん!!
    (暑さのせいか、いつもより輪をかけて、意味不明発言のみはる)

橘:どうにかって…(汗)

みはる:まーいーや!雑誌でも読もっ!

橘:(総務部秘書課はそれほどまでに暇なのか?・汗)

みはる:なんかあたしの好きなバンドの新曲出てないかなぁ♪
    (みはるが見ているのは、本日発売の音楽情報誌。ページを適当にぱらぱらとめくる)

橘:……?? ちょっと待って!

みはる:はにゃ?

橘:ちょっと前のページ見せてくれる?

みはる:え~?何見るのよぉー(ページを適当に戻す)
    …えーっと、これ?「今週のNew Face(ニューフェイス)」

橘:…あれ…?違うかな。普通の女の人だし……
  すごくよく似てると思ったんだけど……。まさかね……。

みはる:今週デビューする新人さんの紹介コーナーだよ、これぇ!
    へー、髪が長くってきれいなひとぉ!
    ええと、「稲葉 ななみ(いなば ななみ)」かぁ……。
    ……なんか、どっかで見たことがあるようなー……













------------------------------------------------------------------------------


時は遡って7月29日。


浪路:……しゃちょ…じゃなかった、ねぎ……
   なんっなんだよこのプロフィールは!!!!

社長:あはは、なかなかナイスっしょ?
   細工は久我さんにやってもらったけど、案は私が出したのよん♪
   名前も可愛いでしょ?ななみちゃん。

浪路:ふざけんなぁぁぁぁ!!!!
   思いっきり女アイドルじゃねぇか!!!!

社長:だって浪路さんいいスタイルしてるのに隠してるの勿体ないじゃない♪

浪路:……てんめぇ……
   ……まあ、いい………よくねぇけど…
   …けど、このプロフィールは何とかならねぇのか?

社長:ならない♪

浪路:俺にいったいどうやってこんな人間を演じろと…?

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
<稲葉ななみプロフィール>

・本名同じ
・東京都出身
・2月3日生まれ 20歳
・身長174cm/B85・W60・H88
・趣味…竹馬、妖精さんとお話、ヨガ
・特技…スイカの早食い(志村け○もびっくりレベル)、円周率の暗記
・日課…お経を毎朝毎晩唱える、乾布摩擦
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

社長:スイカの早食いってのが夏っぽくていいでしょ?

浪路:良くねえよ!!!
   こんな女どこにいるんだよ!? しかも年5つもごまかすのかよ!!!
   ちっくしょー…さすがはキワモノ集団の頂点にいる女だよてめぇは!!(涙)

社長:まーまーそう怒らずに。ある使命を果たしてくれれば
   この会社に戻してあげるからさ♪

浪路:(ぜーはー…)……ある使命…?
   そういや…スパイするだけだったらわざわざデビューする必要なんて
   無ぇもんな………一体何が目的なんだ?

社長:そ れ は ね……ふふ♪





(後日、情報システム部)

満:くっくっくっく……ウケるなぁホント

幹雄:? どうしたんですか?遠山さん。

満:見てみろよ幹雄、浪路のヤツがさあ…

幹雄:浪路さんがどうかしたんですか?

満:あいつ、めちゃくちゃアイドルしてるよ…
  (見ていたTV雑誌を幹雄に見せる。そこには普段決して見られない女の子らしい姿で
  ポーズを取る浪路…もといななみの姿が。意外にも楽しそう)


幹雄:………な、なんだかすごく楽しそうですね……

満:公式サイトはもちろん、ファンサイトまで作られちまってるみたいだしなー。
   ついこないだ出たCDも売れてるみてぇだし。

幹雄:浪路さんって…確か某ライバル会社にスパイに行ったんですよね…?
   (一応は今回はそれが本使命らしい)
   なんだか…このままあっちの社員として居座ってしまいそうで怖いです…

満:だーいじょうぶだーいじょうぶ!あいつに
  女のフリがそう長く続けられるワケねーじゃん!

幹雄:フリって……元々こちらが本来の姿なんじゃ……(汗)



その後、浪路は東堂浪路と稲葉ななみの2つの顔を使い分けて、
両社を行き来することになるのであった。