20000729

情報システム部に、浪路待望の女子社員入社。
だがその見かえりに浪路はクビになってしまった!!
そして、7月29日。
会社を追い出され、途方にくれていた浪路を、
社長は社長室に呼び出したのだが…



社長:やぁ~浪路さん、土曜日なのにわざわざ来てもらっちゃってごめんよ♪

浪路:……何の用だよ、ねぎ。

社長:はぅっ!いきなり呼び捨てスか!

浪路:だってもう俺とお前は雇い主と社員じゃなくて
   赤の他人だろう。

社長:(ひえぇ~当然だけどめっちゃ怒ってるな・笑)
   …ま、まぁまぁ。落ち着いて…。

浪路:これが落ち着いていられるかっっ!

社長:まーっまっまっまっ待った!話は最後まで聞くっ!
   君を辞めさせたのにはちゃんと真っ当な理由があるんだってば!

浪路:はぁ?

社長:とある計画を成功させるためには、
   君にはいったんねぎ社から除籍してもらう必要があるんだよっ!


浪路:とある計画?んだよそりゃ。

社長:この間紹介した、君の転職先なんだけどね。

浪路:…ああ、『芸能プロダクション something』とかいうトコだろ?

社長:あのプロダクションはね、某ライバル会社(※ねぎ社の対抗組織)が経営してるのよ。

浪路:な…何ぃ?俺を敵会社に売ろうってのかぁ!?

社長:いやいやいや、そうじゃなくて…

浪路:だいたい、入社しようにも職歴で敵会社の人間だってバレるじゃねぇか。

社長:だーいじょうぶ♪書類の細工は久我さんにばっちりやってもらってるから♪
   だから紙の上では君はねぎ社とは過去も現在も無関係の人間になってるのよ♪

浪路:…そこまでして…俺にあっちをスパイしろとでも言うのか?(汗)

社長:まあ…それだけじゃないんだけど。
   あ、ちなみに私が勝手に入社希望の書類出したら、受かったわよん♪

浪路:…お前なぁ…(汗)っつーか今時書類選考だけで入社できる会社があるとは…

社長:ちなみに、向こうに送った書類はこれ。はい。

浪路:(書類を受け取る。書類を開く前に書類と共に渡されたあるモノに目が行く)
   ……何だ?このカセットテープは。

社長:ああそれね。それは以前君とカラオケ行った時に
   こっそり録音しておいた君の歌声よ。

浪路:…………歌声…………?
   (嫌な予感。慌てて書類を開くと書類の間から大量の写真が落ちる。)
   何だぁぁあ!? この写真はっっ!!!!!

社長:浪路さんの水着グラビア20枚セット

浪路:オイコラ待て!! 俺がいつビキニハイレグを着た!?
   これ全部合成じゃねーか!!!

社長:いやあ♪まんちゃんの画像処理技術が素晴らしくてね♪
   ついついこんなに作ってもらっちゃったのよ~

浪路:…俺が辞めても妙に飄々としてると思ったら…
   やっぱり満もグルだったんだな!?

社長:あっはっはっはっは(否定しない)
   というわけでぇ、君は『something』の新人オーディションに受かっちゃったのよ♪

浪路:お…俺に歌手をやれと…? おいおい…マジかよ…
   !!!……待てよ?書類操作したって言ったよな…
   …ということは…まさか!?
   (速攻、書類に目を通す)

社長:そのまさか♪

浪路:…………………
   うわぁぁあ!!
   何なんだよこのプロフィールは!!??







果たして、浪路は久我の書類操作によりどんな人間に仕立て上げられたのか?
続きは…待て次号!