(システム設計部…現・情報システム部)


20000320


みはる:おっはよーん♪橘くんっ!

橘:あ、おはよう。みはるちゃん。

みはる:……あれぇ???

橘:ど、どうしたの?

みはる:橘くん、昨日まで花粉症がひどくて
    話もできないくらいくしゃみばっかりしてたのに…
    今日はくしゃみがぜんぜん出てないよ?

橘:うん。さすがに酷かったからね。
  昨日、研究室の桐島さんに頼んで、花粉症の特効薬を
  作ってもらったんだ。そしたらすぐに治って。

みはる:へぇ~~!すごぉい!桐島さん!!

橘:沢井さんや吉村さんや瀬上さんも
  酷かったみたいだから、薬を分けてあげたら
  みんな完治しちゃったみたいだよ。

みはる:きゃーっすごいねっ!これでうちの会社は花粉症知らずだねっ♪

橘:…うん…でも……それがね…



(システム設計部の方に視線を向ける)



満:ぶぇっっくしゅっっっ!!!!
浪路:ぶわっくしゅっっっ!!!!

幹雄:二人とも、大変そうですね…大丈夫ですか?

満:だいじょぶぇっっくしぇっっっ!!!!
浪路:ぜんぜんぶへっくしゅっっっ!!!!



みはる:うわぁ~あの二人、くしゃみがすごいね~

橘:…何故かはわからないけど…あの二人にだけは
  薬が効かないみたいなんだ……しかも……



(再度、システム設計部の方に視線を向ける)



浪路:ぶひぇっくしゅっっっ!!!!
   ……お、おい満!窓の外に銀河鉄道が走ってるぞ!?
   メー○ルが手ぇ振ってる!お~~~い!!!

満:何言ってんだ!こっちには床から
  でっかい豆の木が生えてきたぞ!!これに昇れば
  金銀財宝がぶひゃっくしょっっっ!!!!



みはる:な、なに言ってるのかな?二人とも

橘:どういうわけか、あの二人には花粉症だけじゃなく
   幻覚も見えるらしいんだ………

みはる:へぇ~~大変そうだね~~。
    ……でもなんで中原さんは平気なのかな?

橘:………さあ………どうしてなんだろうね……(汗)





橘は気付いていた。
幹雄の持つ花、ビビアンから、
時々怪しげなピンク色の花粉
ふわふわと吹き出していることを………

治療法はいずこ!?(笑)