20101212

千雪:…………(午後のティータイム中)

沙織:…………(仕事中)

千雪:…………沙織さん。

沙織:ん?なに?千雪ちゃん。

千雪:貴女、最近太ったんじゃなくて?

沙織:∑( ̄□ ̄|||) …………!!!!

千雪:全く…女性たるもの、常に美意識を持つことが大事ですわよ?
   たるんだお腹などみっともないですわよ。


沙織:いやいやいやいや……そんなのわかってるけど……いやまさか……
   (最近、カズくんからやたら高カロリーそうな手作りお菓子ばっか
   食わされてるからか…!?)


千雪:幸せなのも結構ですけど、幸せ太りは醜いですわよ!

沙織:(´・ω・`)うー

千雪:そんな貴女には、鳥居グループが経営するフィットネスクラブがお勧めですわよ。
   今なら私のコネで使い放題、特にゴージャス仕様の屋内プールは身体を引き締め、
   なおかつリラックスするのに最適ですわよ。

沙織:千雪ちゃん、いつからフィットネスクラブの回し者になったの?

千雪:んまっ!失礼ですわね!
   私はただ
暇だから一緒にプールで運動しましょうって言ってるだけですのよ!?

沙織:なんだ、ただ遊びたいだけなんじゃんw 素直じゃないなー!

千雪:(真っ赤になりながら)~~~とにかく!貴女が太って見えるのは事実ですから!
   一緒に遊ぶついでにその幸せ太りを今すぐなんとかなさいっ!!!

沙織:ヽ(`Д´;)ノ うわぁん幸せ太りいうな―――!!













(鳥居グループが経営する某フィットネスクラブ。本日は貸切。)


沙織:うぉーっ!へぇーっ!すっごいなぁー!オススメするだけあるねー!

千雪:おほほほほ、予想通りの感想ありがたく頂戴いたしますわ。

沙織:こんなひっろいプール、二人だけなんて広すぎるにもほどがあるね!
   せっかくなら照美ちゃんも呼べばよかったのに。

千雪:誘ったんですけど今日は幹部会議だとかでお断りされましたわ。
   …まぁ、もっともこのプールは水深150cmですから
   彼女の身長だと沈んでしまうのですけどね。

沙織:照美ちゃん(ノД`)

千雪:……さて、ではそろそろ始めましょうか。

沙織:え?なにを?

千雪:貴女のダイエットに決まってるでしょう!
   この幸せ太りさんが!!

沙織:だから幸せ太りって言うなぁ!…まぁ、そうだった。今日は遊びに来たつもりだけど
   もともとはダイエットだったんだorz

千雪:ほほほほ、沙織さんも頑張って、私のような美しいボディを目指してくださいね。

沙織:んーそうだなぁ。千雪ちゃんみたいなエロい体型は一度は憧れるかもね。

千雪:誰がエロい体型ですって!?

沙織:お?なんか誰かこっちに来るよ?

インストラクター(5人):どうも初めまして!今日はよろしくお願いします!

千雪:こちらはこのフィットネスクラブ専属のインストラクターさん達ですわよ。
   今日はしっかりとご指導いただいて、貴女のボディメイキングをしていただきます。

沙織:へぇー!みんなイケメンだけどムキムキマッチョだ!略してイケムキマッチョ!

千雪:本当にもう、貴女は初対面だろうとなんだろうと失礼ですわね。。
   とりあえず、インストラクターさん達。
   今日は一日、
このお方の脂肪を絞り上げてくださいね。

インストラクター(5人):かしこまりました、千雪御嬢様!!!

(千雪に命じられて沙織を担ぎ上げるインストラクター×5)

沙織:のああぁっ!?ちょ、ちょっと何すんの――――!?




その後、週に5日くらいのペースで、鳥居フィットネスクラブでの
沙織のボディメンテナンスは続いた―――
………そして数ヵ月後。





上総:…………………
   沙織さん、……最近、太った……よね……?

沙織:('A`)……うん

上総:鳥居さんのところのフィットネスクラブで
   ダイエットを頑張ってるという話は聞いてたけど……

   ……逆に太ってるよね……?

沙織:('A`)何度も言わないでよ。太ったのは認めるっての。
   ただし筋肉太りだけど。

上総:腕も脚も随分太くなって……でも何か胸だけは減っ(ry

沙織:真っ先にそれを言うなぁ!!
   胸なんかみんな胸筋になっちゃったわい!!
   ただでさえ無い胸だったのにー!! 千雪ちゃんのバカ――――――!!!



その後、沙織が元の体型に戻るまで数ヶ月を要したという。